• imabeppu_design

遠視② 我が子、遠視(弱視)確定。

こんにちは。

今別府デザインです。


夏休み直前に、3歳児検診で指摘を受けた遠視疑惑ですが、

今週、早速大学病院へ精密検査に行ったところ、

「屈折異常弱視」との診断を受けました。

どなたかのご参考になれば・・と当日の話を書いておきます!

12:00 受付

予約時から「かなり時間かかります」と言われていた通り、

初診受付から診察までまつこと1時間。。。


13:00 検査スタート

検査のお部屋で、双眼鏡のようなものを覗き込む機械や、良くあるCの方向を指差す機械で視力検査。

娘は3歳なので、右左がうまく理解できておらず、ハンドルの様な大きなCの板(?)を手に持ち、同じ方向に合わせる、という検査方法でした。

13:30 問診

「斜視はなさそうですが、まだ小さいので、自分で調整して見てる可能性もあるので(?)、目薬をしてもう一度調べましょう。」とのこと。


14:00〜14:30 看護師さんに、目薬を10分おきに3回うってもらいました。

最初の目薬から1時間後に瞳孔が開くそうで、15時から再検査に。

娘は目薬が怖いのか、しみるのが辛いのか、とても嫌がって大変でした。

15:00 問診

ピカピカするペンを娘の目にかざすも、嫌がって目を閉じてしまう為、

目の写真を撮ることに。

15:10 目の写真撮影

これは大人しくできました。

15:15 問診

「遠視ですね。斜視や眼球異常はなさそうです。処方箋書きますね。」

と言われ、開放。

●生まれつきなので、スマホは見せてもOK。

●メガネはよく壊す&レンズの調整があるので、都心のお洒落メガネ屋さんより、近所がおすすめ。

●目薬の影響で2〜3日眩しいので、ジャングルジムとかは危ないかも。

●また3ヶ月後に来てね。

などなど、追加情報を頂き、次回の予約をして帰宅しました。

検査料は無料でした。

(市の検診からの紹介状の場合、今回だけ?なのか、無料で受診できました)

拘束時間は4時間くらい。

3歳の娘にはとても長かったようで、

「帰ろうよ〜。帰りたいよ〜。」と何度も言われて、

ジュースで釣ったり、パンで釣ったりと、甘いものをあげすぎました。。

(今度は虫歯が心配。。)

とにかくスピードが大事!だそうなので、その足でメガネ屋さんへ!

壊すから安いので良い説や、高いのが安心説など色々と読みながら移動しましたが、

結局、形状と軽さが良さそうだったので、「トマトグラッシーズ」にしました!

娘が自分で選んだ、ピンクのスケルトンのヤツ。

レンズがオーダーなので、仕上がりまで10日かかるそうです。

娘も喜んで「持って帰っちゃだめなの〜?」と出来上がるまで待てないようでした。

↑和真さんでお願いしました。とってもスタッフさんが親切で、安心して選べましたよ〜!

頭も大きくなるからワンサイズ上がいいですよ!とか、

うちは1年まではレンズ交換OKなので、1年ちょっと前にもう一回レンズ変えとくと良いですよ!とか、補助金のお話とか、色々と親切に教えてくれました。

帰宅後に保育園にも報告。

「クラスにあと2人女の子のメガネちゃんがいるし、娘ちゃんが仲良しの子もメガネちゃんなので、大丈夫だと思いますよ〜」と心強い言葉も頂き、ほっ!

遠視は50人に1人(2%)とよく記載されていますが、うちのクラスは20人くらい?に3人。。めっちゃおるやん。。

メガネに注目してなかったので、気付いてなかった・・!!

毎日見てくださっている先生方も「まさか娘ちゃんが!全然気付きませんでした!」と言ってました。


次の予約までの3ヶ月ではあまり変わらなそうですが、

一応現在の資料をメモしておきます。

<2020.8月>

レンズなし>右:0.2 左:0.05 S(球面)+9.0

レンズあり>右:0.5 左:0.09


先生から「集中力が切れたりしてたから、左右差はまだ考えなくて良い」と言われてますが、結構重い遠視みたいです。

10歳までに1.0までいきますように!!(><)

今別府洋子

8回の閲覧

 © 2020 imabeppu design